技術的な情報!新基準対応(JQR認定品、事前認証制度)について

当サイトやスタッフブログにて書いております新基準対応マフラーについて書かせて頂きます。街中では車検対応マフラーとして販売中ですが、では新基準対応品と旧基準対応品は何が違うのか?? 旧基準対応品に関しては過去に書かせて頂いておりますが、新基準対応品は平成22年4月1日以降に生産された車両が適合となりブログでも書いておりますが事前認証制度「加速騒音試験」と「近接排気騒音試験」を公的機関で受ける必要があります。加速騒音82dB以下という厳しい数値でこの試験に合格しないと市販化はできません。

交換用マフラーの事前認証制度について
交換用マフラーにおいて、騒音防止性能を持ったスポーツマフラーを普及させる事を目的とし、その騒音防止性能等を予め確認する機関を国土交通大臣が登録し、その登録を受けた機関が性能を確認したスポーツマフラーには「性能等確認済表示」を表示する新しい制度です。アーキュレーではこの新規制に対応したスポーツマフラーを発売、2010年4月1日以降も安心してお使い頂けるよう対応させて頂いております。

交換用マフラーの事前認証制度とは?
「交換用マフラーの事前認証制度」は。国土交通大臣が登録し、その登録を受けた機関(登録性能等確認機関)にて、加速騒音試験を行い測定、規則値追加の基準値となる「82dB以下」をクリアし、「性能確認済表示」を表示しなければならないという新しい制度です。その他、騒音低減機構を容易に除去することができる構造の禁止「例:インナーサイレンサー等」と、使用過程車及び並行輸入車等のマフラーに対する加速騒音防止性能の義務付けがあります。

新規制の適用は?
新規制は、2010年4月1日以降に製作された車両に対し適用されます。同じ車両でも2010年3月31日以前に製作された車両に対しては現在適用されている規制JASMA認証が適用されます。

新規性
※新規制は製作年月日により適用が異なります。車名、車両型式、エンジン型式が全く同一の車種でも、使用できるスポーツマフラーが異なりますので、ご購入の際は必ず車両スペックをご確認下さい。

認証の証明は?
事前認証をされた製品は認証取得表示を行わなければなりません。認証取得表示の種類は以下の7種類となります。次のいずれかの表示があるマフラー

A:純正品表示「車両型式認証を受けた自動車等が備える純正マフラー
に行う表示」
B:装置型式指定品表示「自マーク」
C:性能等確認済表示「登録性能等確認機関が確認した交換用マフラー
に行う表示」
D:国連欧州経済委員会規制「ECE規則」適合品表示「Eマーク」
E:欧州連合指令「EU指令」適合品表示「eマーク」

次のいずれかの自動車が現に備えているマフラー
F:加速走行騒音レベルが82dB「原動機付自転車は79dB」以下である自動車等
G:加速走行騒音レベルがECE規則またはEU指令に適合する自動車等

認証の証明

日本での確認機関は下記のとおりです。
●JQR
●JATA
●JARI
●JMCA

上記の年式で確認ができますが、お客様の自動車車検証の備考欄に

という記載があれば新基準対応となります。製品購入前に必ず自動車車検証をご確認頂き上記の文言が掲載されているか?のご確認を行ってください。

厳しくなっている日本の騒音規制・・・ARQRAYではその規制に沿って車検対応マフラーを生産、販売しております。eマークがついているマフラーと音量等の差がある場合がございますが、皆様に安心して日本のストリートで使用できる製品として開発しておりますので何卒ご理解頂けますようお願い致します。