オイルキャッチタンク


11月も明日で終わりかぁ〜(-。−;) 早い・・・1月に開催される東京オートサロンにARQRAY号(F30 320i)を展示することになって12月頭から速攻エアロ(マスター型)の製作に入ります。そして・・・2月に開催されます大阪オートメッセの「86&BRZゾーン」にschaferhund号(TOYOTA86)を展示することにしました。なので・・・マキマキで仕上げないと間に合いません(@Д@; アセアセ・・・そんな中・・・トヨタ86/スバルBRZ用のオイルキャッチタンク(試作品)が仕上がってきましたのでデモカーに装着しました。以前に紹介したインテークパイプ、タワーバー、フロントブレースバーに続き・・・4品目になります。無論・・・マフラーも早く設定させなくてはいけませんが・・・

schaferhund 0.6Lオイルキャッチタンク
材質:アルミ(A5052)
商品番号:2010OCT86

これからテスト走行に入るわけで・・・発売開始もそう遠くはないかと思います。オイルキャッチタンクは「オイルを一時的にためておくタンクのこと」「オイルキャッチタンクの本来の用途は、レース中にエンジンがブローした際、吹き出したオイルがコースを汚さないようにタンク内にオイルをためておくこと」なのです!! 来年に向けて様々なパーツをメイク&トライ中・・・

schaferhundというブランドを作り・・・初となる大阪オートメッセへの展示・・・今後のブランド名の拡大(知名度)を考えるとイベントや雑誌取材などを入れなくてはいけません。来年は今年以上に力を入れて・・・もっともっと・・・前進しないといけないと思ってます。なので・・・今はそのための準備期間、さぁ〜ガンバルゾ〜(≧血≦;) グォオオオッ!!

------------
posted by M.Fujitsubo
"