クルマのカラーでマフラーの見栄えも変わる??



昨日は・・・バタバタしていてブログ更新をサボってしまいましたm(_ _)m 本日も午前中から2台分のマフラー交換、午後からは大量本数のマフラー梱包作業をしていて気が付いたらこんな時間に(午後18:47分)・・・そんなこんなのブログ更新ですが、本日 GT-R Magazine さんが来店されまして完成しましたコラボマフラーを2台の R32 GT-R に装着しました!! 取り付けた GT-R はともにボディカラーが異なりガンメタとホワイトになりますが・・・こう見てみるとボディカラーが異なるとマフラーの見栄えも異なって見えてきます。ガンメタの R32 GT-R に装着して見ると・・・小さく見え、ホワイトの R32 GT-R に装着して見ると大きく見えます。これは実際に見る方によって意見も異なると思いますが・・・ボディカラーが明るいとマフラーがより強調され見栄えのインパクトが増している印象、逆にガンメタの車輌はボディが暗いのでボディカラーとマフラーが同化せず小さく見えるのかもしれませんね(-_-;;; 説明するのが難しいのですが・・・個人的にはガンメタの R32 GT-R に装着した姿の方が好きだったりします。過去にスチール製だったときにテール以外はブラックの耐熱塗装処理をして販売しておりましたが、後方からマフラーを目立たせたくない方はステンレス製をブラックに塗装されている方もいらっしゃいますが・・・今回のケースはボディカラーになりますのでまた違いますね。今回のマフラーに関してはメインサイレンサーをコンパクトに・・・そして車体上部にオフセットしておりますので小さく見えるのかもしれませんね!! ただ・・・今日はまったく同じクルマを2台並べる機会を得ましたのでボディカラーによってマフラーの見栄えが変わるんだぁ−−−と思った次第です。皆さんもイベント会場などでご自身がお乗りのクルマで同一マフラーが装着されているのを見る機会があれば注目して見てみて下さい。何か・・・雰囲気が違うなぁ−−と感じて頂けると思いますので(^_^

------------
posted by M.Fujitsubo
"