サイレンサーも様々です!!

忘年会が続き・・・少々お疲れ気味であります (>_<);;; 本日もなのですけど・・・外出前にブログを更新と・・・マフラーといえばテールパイプだけではなくこのメインサイレンサーも重要なパーツであります。主に音を消音させるのが目的ではありますが・・・純正マフラーより効率をアップさせて性能とサウンドを良くさせるのですがこれがまた車種により様々なサイズ、形状などなどがあり管理、生産も大変なのです(汗)車両にもよりますが縦置きレイアウトや横置きレイアウトとあり・・・車種によっては横置きのほうがサイレンサーの容量を増やすことができる場合もあります。開発時には純正マフラーは何個のサイレンサーを設置しているのかを確認し、どこのパートから開発するのか(リアのみか?触媒後からか?)により消音機の個数も変わってきます。センターパイプ等に使われているサブサイレンサーは小型砲弾型が多く、メインサイレンサーにはこのような楕円型(オーバル)を使われております。ディーゼル車の場合はDPFが付いている関係でメインサイレンサーを小型化しても十分に消音させることができガソリン車ほど手間はかかりません。ガソリン車の場合はターボかNAかで構造が変わる場合もありますが、近年の加速騒音に対応させるためにいかに消音させるか?がポイントとなってきてます。もちろん・・・性能、サウンドアップが重要ですけど・・・リアのメインサイレンサーであればギリギリ覗けば見れるかと思いますのでご自身のマフラーがどのような形状になっているのか・・・一度確認してみてください (^_^


お問い合わせ先
Ex-Engineering
TEL 045-507-4898
(メールアドレスは変わらず使えます)

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★