パフォーマンス重視なマフラーは??

ここ最近の車両はダウンサイジングターボが増えてます。昔(国産車事業をやっていた時)を思い出すのですが・・・人気あるターボ車が続々と登場しマフラー交換でパワーアップさせるというチューニングが当たり前でした。ただ・・・昔と現代の違いはハイテク満載であること・・・昔ほどマフラーをポンと変えて数十馬力アップという時代ではありません!!DME(コンピューター)で制御されている項目が多く性能アップさせるのも大変 (>_<);;; 勿論・・・マフラーを変えて性能はアップはしますが・・・更に性能を向上させるにはサブコンやDMEチューンが必要かと・・・あと吸気、点火系のパーツ交換も!!サブコンやDMEチューンすると想定した場合、リアピースの交換より触媒後からのフル交換で排気効率を上げたほうが相乗効果で性能もアップします。一部の車種は触媒後からの交換で車検対応としてますのでサブコン、DMEチューン車両にも十分対応は可能です。勿論・・・リアピースのみであっても排気効率は純正よりアップはしておりますので問題はありません!!一部の車種は・・・「車検非対応品」としてオプションでセンターパイプを設定中・・・今後は「チューニングに対応させたモデル」も追加できれば・・・と考えてますが、勿論・・・車検対応品として・・・何が言いたいかと言うと・・・昔のようにターボ車が増えてチューニング志向な時代になっているなー!!と感じているという本日のブログでした。


お問い合わせ先
Ex-Engineering
TEL 045-507-4898
(メールアドレスは変わらず使えます)

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★