マフラーと同時にセットアップ!!





マフラー屋さんのARQRAYではありますが・・・ここ最近ではエアロパーツの開発にも力をいれております! 無論、クルマをトータルコーディネイトできるよう様々なパーツも積極的に作りこんでおりますが、エアロパーツを作るきっかけになったのは・・・最近のトレンドが左右出し{4本}で純正で元々左右出しであれば良いですが、純正が片側出しだった場合はバンパー本体やディフューザーをカットする必要があります。元々カットされておりませんので・・・カットしてしまうと片側には存在しているエリ(アーチ部分の折込というのかな??)がなく仕上げ的にもイマイチとなってしまいます(汗)そんなことからマフラーとうまくリンクさせるよう開発しているのがリアディフューザー(写真1枚目)とカーボンヒートプロテクター(写真2枚目)になります。素材は・・・カーボン製(CFRP)で完成度も高く見た目もかなりスポーティかつ一体感がある仕上がりにすることができます♪ このディフューザーを開発するきっかけになった車輌は BMW E46 330Ci CLUB SPORT で自社ブランドを宣伝していくうえではやはりオリジナルを作る必要があったわけで・・・ただエアロパーツに関しては様々なメーカーもありますし後発メーカーなARQRAYでしたから正直最初は悩みました(-_-;;; しかし結果は・・・マフラーと一緒にご購入してくれるお客様も増えてきており私が考えたディフューザーやプロテクターは間違えではなかったようです。しかし・・・すべての車種を設定させるのは難しく・・・現状は車種を選定したうえで設計(デザイン)開発を進めております。まだまだ・・・設定車種は少ないですが、今後は製作が可能な車種は積極的に開発させて大黒柱であるスポーツマフラーとリンクさせて同時にセットアップができるような状況を作っていきたいと考えております(^_^♪♪ まぁ〜最近の新型車輌はバンパー本体にテールカッターが埋め込まれているタイプが増えてきておりますが・・・そういう状況でもイメージをガラリと変えられるディフューザーでも作ろうかなぁ〜・・・あっ・・・その前に・・・予算とも相談しないと(笑)

------------
posted by M.Fujitsubo