何だかんだ言っても車検対応品


新基準対応マフラー「加速騒音対応品」
for BMW F80 M3 / F82 M4 型式:CBA-3C30
//www.arqray.jp/products/authorization/8031AU93/index.html

日本の騒音規制は日々厳しくなってきており平成22年4月1日以降の車両はすべて「加速騒音試験」を受ける必要があります!! 昨日もAUDI A4 2.0T AVANT Quattoroで試験を受けてきましたが・・・加速騒音82dB以下にする必要がありますので時には純正マフラーと同等か・・・それ以下になってしまう場合もあります。これがeマークとの違い(差別とも言うWW)になるのですが、ただすべてが大音量が良いというわけでもなく、いくらeマークが付いていても近接騒音96dB以上出ていれば車検はNGになります!! この F80 M3/F82 M4 用マフラーもそうですが・・・純正マフラー自体が日本の加速騒音には対応していなく・・・ARQRAYとして発売するには加速騒音に対応させなければなりませんでした。時には「純正マフラーの音量が大き過ぎるので逆に静かにしたい」という問い合わせもありますので弊社が開発しましたこのマフラーがすべて否定されているわけではありません。決められた基準値内で開発してはおりますが、このM3、M4用では加速騒音82dBとギリギリのラインを狙って開発し少しでもARQRAYサウンドを楽しんで頂けるようにチューニングされております。本日もご予約を頂戴しておりましたお客様向けにこのマフラーを発送させて頂きますし・・・世間ではいろいろと言われてはおりますが、ARQRAYでは規制に対応した「安心の車検対応マフラー」を今後も開発し、販売していきます。ディーラーでも安心して検査が受けれるように・・・

お問い合わせ先
Ex−Engineering
TEL 045-507-4898
(メールアドレスは変わらず使えます)