切断しても純正には戻せます(車種により異なる)


6日間のお盆休みも終わり本日より通常業務へと戻りました。あっという間の休み・・・もう8月も後半戦へと移りますので少々焦ります(汗)さて・・・最近のマフラーは純正マフラーを切断し取り付けるという方法が多くなっております。これは触媒の位置や純正マフラーが一体式になっているので仕方がないのですが、そこでよくある質問が「純正マフラーを切断すると戻せない」というお問い合わせも多々あります!! 車種により異なるのですが・・・この写真はBMW用のマフラーで写真に掲載されている純正マフラークランプはBMW純正パーツになります。車両メーカーで純正パーツ(補修用など)が販売されておりますが、純正マフラーを切断してもご覧のようなクランプを使用すれば純正マフラーに戻すことは可能です。ただし・・・切断した部分のパイプがストレート部になっていること!パイプが曲っている箇所ではこのクランプを使用することはできません。この点は要確認となりますが・・・車検対応品であれば純正に戻す必要はないかと思いますが、車両を売却する際にディーラーさんから純正に戻すか、純正マフラーを渡すことが要求される場合もありますのでこの情報はオーナーさんにとっても重要なアップかと思います。純正パーツはディーラーさんで購入することが可能ですので必要になった場合は担当されているディーラーさんにお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先
Ex−Engineering
TEL 045-507-4898
(メールアドレスは変わらず使えます)