平成28年 自動車の騒音規制強化について


先週のイベントでよ〜く質問され回答したのは主に国土交通省から発表された「平成28年自動車の騒音規制強化」について・・・いろいろと業界関係内でも「アフターのマフラーってもう使えない?」とか「加速騒音数値が今まで以上に厳しくなる?」とか状況が混乱しておりました。アーキュレーはJASMA「日本自動車スポーツマフラー協会」の会員となり日々車検対応マフラーの製造、販売を行っております。無論・・・平成22年4月1日以降の車両は検査機関JQRにて加速騒音を受けて厳しい騒音規制について対応しております。結果から言うと・・・今回発表になっている規制は・・・

★対象となる車輌は新車時における規制で交換用のスポーツマフラーに関する規制ではありません!!

★JASMAメンバーの車検対応マフラーは、平成22年加速騒音規制適用車から性能等が確認されたマフラーに表示を行う、性能等確認表示を行っております。今後も安心してご使用頂けます!!

★JASMAメンバーの車検対応スポーツマフラーは、平成22年加速騒音規制適用車から加速騒音を有効に防止することを明らかにする、性能等確認済表示を行っております。

上記のことから現在販売しております「旧基準対応マフラー」と「新基準対応マフラー」は今後も交換OK!!となります。今回、国土交通省から発表された「自動車の騒音強化」はあくまでも対象となる車輌に適用されるものであり、現在使用されている車輌にさかのぼって適用されるものではありません。JASMA認定品や性能等確認済表示がされているマフラーに適用となりますが・・・いろいろと情報が混乱してしまっているかと思いますが、アーキュレー製品「車検対応品」は安心してお使い頂けますのでご安心下さい。

−ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!−

輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

------------
posted by M.Fujitsubo
"