様々なシェイプのサイレンサー

マフラーの音を消音させるためサイレンサー(消音機)は重要なパーツとなります。単に消音させるためだけではなく・・・排気効率を考えるために様々な内部構造もあったり、ご覧のように楕円型ではなく砲弾型のサイレンサーがあったりします。内部構造によっては性能面(低・中速域でのトルク)でも変わってきますので開発時には弊社が持つ何パターンのサイレンサーを使いクルマのキャラクターに合わせてデザインしていきます。ちなみに画像のサイレンサーは AUDI TTS 用のセンターパイプに使われているものでセンターパイプに設置しているので正式名称はサブサイレンサーで消音効果(メインよりは小さいですが)とトルク配分、音質の調整にかなり役にたつ消音機となってます。TTSの場合、4駆ですのでドライブシャフトがあり通常のパイプレイアウトとは異なった位置からパイプが接続されていると思いますが・・・このようにARQRAYではクルマによって異なるフロアデザインに合わるようこのように様々な細工をしております。重要なパーツとなるサイレンサー・・・シェイプも様々なのでマフラーを装着される際にその部分を注目してみてください。


お問い合わせ先
Ex-Engineering
TEL 045-507-4898
(メールアドレスは変わらず使えます)

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★