筆者のツブヤキ -申請書の作成-

17日の加速騒音試験まで数日・・・単純に試作品(マフラー)とクルマが用意できて
いれば良いというわけでもなく(汗)まずは検査機関に試験の申請を行い、スケジュール
の調整、そして申請書の作成に至るまでの作業をしないといけません。旧基準対応品でも
JASMAへ申請するので書類の作成はありますが・・・検査場に持ち込むこともなく
新基準に比べかなり楽ですww 新基準になってからは試験車両の諸元やマフラー本体の
図面(寸法や内部構造など)も提出しないといけません。これは試験を受けるためには
毎回毎回している一連の作業なので・・・初めての時に比べ、かなり慣れてはきました
ので比較的にスムーズです。近接騒音だけの規制であれば楽なんですが・・ブツブツ・・
まぁーツブヤイテいても仕方がないので来週に備えて準備を進めていきます。

ちなみに・・・17日に加速騒音を受ける車両は・・・
①BMW F87 M2 Competition
②BMW G30 530e

の2台になります!! 結果はまたご報告しまーす。


お問い合わせ先
Ex-Engineering
TEL 045-507-4898
(メールアドレスは変わらず使えます)

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★