規制緩和でサイド出しが増える??

マフラーの規制もころころと変わるので皆さんにとっても分かりずらいかと思います。以前まであった「テールカッターエンド部には2.5Rのインナーカール形状にしないとダメ」と・・・こちらも規制緩和で不要になった (-_-;;; インナーカールにさせるための金型まで作ったのに・・・そして・・・テールパイプの位置でサイド出しも可能となった。とはいえサイド出しの基準はありますが(テールが出る位置や角度など)弊社で販売している Mercedes BENZ G350d という車両は純正マフラーがもともとサイド出しになっているし・・・いろいろと検査機関に連絡をして聞いてみたら「純正マフラーがその位置に出ていれば」という回答がきましたのでサイド出し(下記の写真を参照)にてデザインしました。インターネットでもいろいろと掲載されていたかと思いますが・・・もちろん車体から大幅に出ていてはダメ(タケヤリなどです)ですし、通常の車体後方から出る車両でも車体全長から出てはいけませんのでまったく規制がないわけでもありません。テールパイプのポジションに関してはデザインの幅が広がったのでサイド出し仕様がマーケットに増えたような(ジムニーなどで)。個性あるデザインですから似合う、似合わないがあるかとは思いますが・・・この BENZ G350d はお似合いかと思いますので規制緩和ok♪♪ 音量規制は今後も厳しくはなっていくと思いますけど・・・


お問い合わせ先
Ex-Engineering
TEL 045-507-4898
(メールアドレスは変わらず使えます)

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★