開発から生産に入るまで・・・・




新車種が入庫になると・・・まず入庫した車輌でマスター品を作ります。現車合わせでパイプもつぎはぎな状態ですが・・・そこから生産時に使います冶具を作ります。じゃー冶具が完成したからすぐに生産できるのではなく・・・完成した冶具を使いパイプの曲げだしをしていきますが、パイプの曲げは機械で曲げてくれますが・・・曲げる前にベンダーのコンピューターに曲げのデータをインプットする必要があります!! そのインプットするのは職人さんが曲げ角度などを測定してデータを収集・・・バックアップを取りながらデータをコンピューターへ入力していきます。パイプが曲り、その他のパーツが準備が整えば初めて生産に入れるわけですが・・・開発から生産に入るまでに少々時間もかかるわけです(-_-;;; そんなこんなで・・・以前開発をしました BMW F20 M135i 用センターパイプの曲げだしがついに始まり・・・ジャカルタ向け、台湾向け、そしてデモカー用を只今準備中です。今週の木曜日には純正マフラー、チタンマフラーのパワーチェックを行ってきますが・・・このセンターパイプが完成すれば更なる性能アップが見込めますので個人的に楽しみにしていたアイテムなのです(^_^ なので・・・職人さんには「早く曲げだしして下さいねぇ〜」とお願いしたのであとは早く生産開始していただかないと。あ〜〜〜今から楽しみです・・・デモカーに装着するのが♪♪ ちなみに機械でパイプを曲げるとこのような感じに・・・


------------
posted by M.Fujitsubo
"