限定という価値!!




天気予報の情報では・・・今晩から雪が降ると言われておりますが果たして明日起きると雪化粧されているのでしょうか?? スタッドレスもないし(装着できるクルマもない)降ってほしくはありませんけどね(-_-;;; 気温もググっと下がっており工場の中も寒い寒い(汗)さて先日のブログでご紹介しておりましたが ARQRAY x GT-R Magazine コラボマフラーも生産完了しましてオーダー頂いているお客様順から発送しております。今回は数量限定32台となりまして・・・32GT−Rの名のとうりの限定本数となってます。生産体系も輸入車用マフラーと同じく・・・職人さんが一つ・一つ・手作業で丁寧に組み立てられており完成したマフラーを見るとまさに芸術品です(^_^!! 限定品ということもありメインサイレンサーにはコーションプレートを装着しましてシリアルナンバーも打刻、やはり人気のナンバーは1番か32番かな?? まっ・・・シリアルナンバーもそうですが・・・限定という言葉に魅力があるのではないでしょうか?? 雑誌記事で製作途中経過もご紹介されておりますがhttp://www.schaferhund.jp/magazine/index.html 拘りぬいた逸品だけにまさに「限定品」という言葉が合っているのかなぁ〜と思います。通常のスペックとは様々な箇所に違いが見れますし、シリアルナンバーと含め・・・限定という価値もあるかと。今回は国産車用として製作しておりますが、来年に向けて輸入車用マフラーの限定品を作る計画をしております!! どのようにスペックを変えるのか?? サイレンサーの形状、テールパイプ、あえて磨きのステンレスを使わないとか・・・いろいろとネタはありますが通常モデル(カタログ)とは異なるスペックを採用した限定品を作るのは皆さんにとっても魅力を感じて頂けるかと思います。無論・・・シリアルナンバー付きで・・・ラインナップ車種はまだ全然決まっておりませんし、これは来年に向けての宿題としてこれから考えておきたいと思います。価値観を出すために・・・あえて限定品というスペシャルなアイテムを皆さんの前に登場できるよう頑張りま〜っすゥキ。(≧v≦●)。。(●≧v≦)。ゥキ。・・゜ヮク。(≧0≦●)。。(●≧0≦)。ヮク

------------
posted by M.Fujitsubo
"