騒音規制が厳しいですが(汗)

今の日本の騒音規制は年々・・・厳しくなっております。年式によって騒音規制も異なっており結構分かりずらかったりしますよね?? では・・・どのように分かれているのか??

平成22年3月31日以前に販売された車両
旧基準対応品(JASMA認定品)

平成224月1日以降に販売されている車両
新基準対応品(JQR認証品)

このように分かれております。旧基準は近接排気騒音のみ、新基準は加速騒音+近接排気騒音といった感じで・・・ただ純正マフラーでかなり音量を発している車両のあって・・・例えば・・・この F87 M2 Competition も一例なのですが、加速騒音に対応させるために様々な工夫をマフラー本体でやっております。言ってしまうと・・・純正マフラーよりジェントルになる・・・迫力はなくなってはしまいますが年々厳しくなる騒音規制に対応させ、街中で安心して使用できる「車検対応品」として開発しておりますので何卒ご理解頂けますようお願いします。でも・・・M2 Competition 用は発売以降・・・多数のご注文を頂戴しておりますので設定している方向は間違っていないかと・・・また条件付き販売にはなりますが・・・オプションセンターパイプも設定しておりますので詳しくは弊社までお問い合わせください。今後も騒音規制に対応させるための努力、苦労はまだまだ続きそうです・・・


お問い合わせ先
Ex-Engineering
TEL 045-507-4898
(メールアドレスは変わらず使えます)

-ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!-

輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★