ARQRAY Carbon Tail Exhaust for BMW F20 M135i


いや〜今日は暑い1日でしたねぇ〜(+□+;)アセッ!!! 夏到来か・・・しかし多分今は梅雨の時期だし・・・まっ・・・辛い季節であることに変わりはないか。そんな本日、マフラー交換が2台入って・・・先ほど2台目の取りつけが完了しましたが、流石に疲れましたヾ(;´▽`A`` そのネタはまた後日ご紹介するとして・・・密かに職人さんに生産依頼をかけておりましたデモカーに装着する Carbon Tail Exhaust for BMW F20 M135i (コレまだ試作品ですよ)がついについに完成しましたぁ〜♪♪ イベントが来週に迫っており・・・そろそろ完成しないとマズイと思っていたのですが・・・何が違うのか?? 名のとおりテールパイプがカーボン製になっているのと、よぉ〜く見て頂ければ分かって頂けるとおもいますがメインサイレンサーのバッフル(横フタです)が通常モデルだとカシメ型(缶詰みたいな)となってますが・・・よーく見て頂けるとカシメ型ではなく角溶接でエッジが無くなりラウンド形になってます!! カシメ型ですと機械で作業することができますが・・・このラウンドシェイプ型は職人さんがすべて手作業で作っていきますので手間がかかってしまうんです(汗)なのでこのタイプはワンオフマフラー製作のみで使われていたんですが・・・デモカーですし・・・創業30周年記念ということもあって「限定バージョン」として何か特別なマフラーが作れないか?? とずっ〜と考えてまずは試作品を作ってみました。そして・・・排気バルブ(M135は純正でバルブが付いてますが)も装着して純正のシステムを生かした設定となってます。関心のデモカーがまだ戻ってきてませんので来週戻り次第、装着してテストをしたいと思ってます。今から装着するのが楽しみです ウキウキo(^Д^*)(*^Д^)oワクワク

−ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!−

輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

------------
posted by M.Fujitsubo