BMW F30/31 320d 新基準対応マフラー開発!!



3月もあっという間に中盤戦・・・まぁ〜中国へ出張していたこともあって時間が経つのが早く感じます(汗)春が近づくにつれて・・・この業界も盛り上がってくれたら良いのですが アセアセ...A=´、`=)ゞ 盛り上げるためには新製品の開発を常にし皆さんにご提案していかないといけないのですが・・・そんな中・・・本日は朝から新基準対応マフラーの開発車輌として1台のディーゼルエンジン搭載車がARQRAYに入庫になりましたぁ〜!! そのクルマとは??

BMW F31 320d TOURING
車輌型式:LDA-3D20 {Blue Performance}

です。ARQRAY号(デモカー)はガソリンエンジン車のターボになりますが・・・ここ最近のお問い合わせを聞いていると断然数・・・このディーゼル車が多かったりするんですよぉ〜Σ(・ω・ノ)ノ! びっくりっ! このクルマは軽油なのでガソリン代も安いのですが・・・早速エンジンを始動させてみると・・・う〜ん・・・ディーゼル独特のサウンドを発してますね。時代が時代、ハイブリッドカーが増えつつある今の時代ですが・・・このディーゼルも侮れないですね。さて関心のマフラーですが、入庫されたクルマはM-Sportで現車には328i用のデュアルアーチのディフューザーが装着されておりまずは・・・純正位置のWテール(2本)の開発を進める予定です。320dの純正テールはシングル出し!なので標準バンパーの皆さんはバンパーカット、M-Sportの方はF30 328i用のディフューザーに交換することになります。このディーゼルエンジン車は海外でかなりの台数が売れている?ようですでに台湾からもご注文を頂いておりますしタイやジャカルタからもお問い合わせが入っている状態です。そんなことなので・・・早く開発を終わらせて発売開始できる体制にしなくてはっ(; ̄ー ̄A アセアセ・・・どのようなサウンドを発するかは作業を始めてみないと分かりませんが、いい音色になるようまずは試作品(プロトタイプ)の製作を開始します!!また随時・・・ディーゼル用マフラー開発状態をアップさせて頂きますのでお楽しみに♪♪

------------
posted by M.Fujitsubo
"