BMW F30 328i 純正マフラー検証!!


午前中に・・・BMW F30 328i[SPORT]が入庫になりましたのでリフトアップさせて純正マフラーをチェックしてみました(・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ フルモデルチェンジされたNew3シリーズですが、大きな違いはエンジンで320iと328iは4気筒ターボエンジンが搭載されております。320iは184PS、328iは245PSというスペックになっておりますが・・・BMWのターボ車はLowプレッシャーな仕様なのでドッカンではなくマイルドな特性になってますね!! しかしターボエンジンなので今後・・・どのようなチューニングパーツが登場してくるのか注目して見ていきましょう((o(^∇^)o))わくわく

写真2枚目が純正マフラーの全体像になります!決して大パワーではないのですが・・・ご覧のように純正マフラーのパイプ径が大きいですw( ̄Д ̄;)wワオッ!! ここ最近の純正マフラーを見ているとメインパイプ径が拡大されてきてます。これはエンジン性能が上がっている証拠かな?? あとテールパイプ手前に排気バルブも装着されているんですが・・・今までとことなり「電子式」なシステムに変更されておりました㊥q|゚Д゚|pワオォ!! アクセルの開度に応じてバルブが開閉するようですが、こうなってくると純正のシステムを生かした設計は難しいですね(汗)。困った・・・

写真4枚目は・・・純正触媒です。エキマニ触媒になっていてメインパイプ側にはセカンド触媒は存在しません!! エキマニ触媒のみで排気ガスをクリーンにできているようです。ターボ車なのでスポーツキャタも考えましたが・・・このような形状ですとエキマニとセットで製作しないと不可( ̄Д ̄;; まぁ〜まずは新基準対応マフラーから開発して・・・エキマニ&触媒は後日考えましょう。そして写真5枚目はリアマフラー側のパイプなんですが、ご覧のようにプレスで潰してあります! 抵抗も生まれてしまうんですが、気になるのが何故このように潰してあるのか?今後、ツーリングやカブリオレが登場した際にボディ補強バーがこのポイントを通るためか??何故かは不明ですが・・・今後開発する際はこのような抵抗をなくしてスムーズな排気効率を考えます!!こんな感じで純正マフラーを見て検証・・・来月には開発がスタートできる見込みなので楽しみにお待ち下さい♪♪

------------
posted by M.Fujitsubo/
"