BMW i8 (l12) Titanium Exhaust 開発その2


未来的なスポーツカー BMW i8 ・・・先日からマフラー製作で入庫して作業を開始しておりますが、準備しなくてはいけないパーツがかなりありまして苦労しております(-_-;;; ないものは作れといいますが・・・職人さんが作りこんでいるのはフレキ部に使いますテーパーパイプ用の金型(写真2枚目の丸い筒のヤツ)BMW i8 の純正パイプ径は75φ!! 普段、フレキは使うことがないのですが・・・特に75φは・・・3気筒ターボエンジンなのでパイプ径がもう少し細いのかなぁ〜と思ってましたのでちょっと驚きです。まぁ−−いろいろと準備するのに時間を要してはおりますが・・・ご覧のように(写真3枚目)まずはステンレス材を使いマスターモデルを作っている最中・・・今回は輸出仕様として製作しておりますのでスポーツサウンドを発するように全体のレイアウトを決めていっておりますが、この写真では比較できないかと思いますが・・・純正のサイレンサーと比べサイズ的には半分以下!! 純正マフラーがかなりの重量なのでステンレス製で作っても十分軽量化はできるかと思いますが、今回はオールチタン製で作ってますので大幅な軽量化が望めるかと思います(^_^♪ 海外のお客にもこの BMW i8 用マフラー開発の情報をアップしておりますが海外から「BMW i8用マフラーに興味があるんだけどぉ〜」とのお声も頂いております。しかし・・・何台の BMW i8 が全世界で登録され走っているのでしょうか?? 大幅な販売本数は見込めないにしても・・・すでに興味を持って頂いているというこの状況なのでマフラーが完成したら綺麗に撮影して全世界へ BMW i8 用チタンマフラーの情報をアップしていきたいと思ってます。まだまだ続く・・・To be continued

−ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!−

輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

------------
posted by M.Fujitsubo