Exhaust Noise regulation in Japan


国土交通省から発表された騒音規制
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000166.html

本日は・・・インターネットにて掲載されている騒音規制について書かせて頂きます。皆さんも既にご覧になっていると思われますが・・・国土交通省から上記の内容の騒音規制について発表がありました。このような記事が掲載されると「自分が装着しているマフラーは大丈夫かな?」「これから購入するマフラーは大丈夫なのか?」と心配があると思いますが、先ほど弊社が加速騒音を受けている検査機関JQRさんに確認しましたところ、今回変更になるのは「改定された内容で変わるのが純正マフラーに関する騒音規制であり新車時に近接排気騒音・定常走行騒音の騒音規制がありましたが、今後は今年の10月1日以降の生産車に関しては、実際に街中を走る騒音により近い「市街地加速走行騒音」という騒音規制が適用される」とのことです。現在のところアフターマーケットのスポーツマフラーに関しましては今までの騒音基準が適用となります。

平成22年3月31日以前までの車両は

JASMA認定品「旧基準対応」

平成22年4月1日以降の車両は

加速騒音適合品「新基準対応」

現在ご愛用頂いております「旧基準対応品」と「加速騒音対応品」につきましては今まで通り車検対応品としてご使用頂けますのでご安心下さい。一部の商品を除き「輸出仕様など」は対応とはなりませんのでご注意下さい!! また、何か新着の情報などが入りましたら改めてご案内させて頂きます。

−ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!−

輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

------------
posted by M.Fujitsubo
"