Exhaust Production Zig -量産するための大切な冶具-


本日から10月に突入しまして・・・今年も残す3ヶ月となりました(汗)ほんと1年というのはあっという間で・・・いろいろとありました1年でしたが残す3ヶ月でバシバシと仕事しないといけません(-_-;;; さて・・・いつもファクトリー内にあります機材がマフラーを製作する上で重要な物と当ブログでも書いておりますが・・・実はマフラー本体を量産するのに重要となる物はこの冶具(Zig)になります!! ワンオフマフラー製作はご依頼を受けた車輌のみに作り冶具は製作しませんので量産されることはありませんが、カタログモデルとして発売するマフラーに関してはこの冶具を開発時に作り後々にマフラーを量産する際に重要な役割をもつことになります。これはほんの一部となりまして・・・ファクトリー内にはまだまだ数え切れないぐらいの冶具が保管され生産する際に使われております。冶具は角材などを使って作られておりますが、見ての通りこのような冶具専用のラックで冶具本体が破損しないように大切に保管されています。しかも・・・車種ごとに形状が異なりますので保管するのも大変なんですがARQRAYでは冶具に番号をつけることにより生産時に簡単に発掘できるように管理されております。一応・・・車種メーカーごとに保管はされていますが・・・輸入車のほかにも国産車用も保管されていますので今後新規開発が入ればこの冶具も増えていきますのでまだまだ保管場所を確保する必要がでてきます。一部の車種は生産終了となり・・・冶具を処分したものも今後出てくると思いますが・・・マフラー屋にとってこの冶具は大切な財産となりますので大切に大切に毎日使っていきます。今後この冶具は何個増えていくのでしょうか??

−ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!−

輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

------------
posted by M.Fujitsubo