Mercedes BENZ W205 C250 マフラー開発!!


昨日は・・・久々に体調不良になり会社を休んでしまいました(>_<);;; 風邪なのか・・・多分・・・急性胃腸炎かと。私が体調不良になるのは1年に1回ほどなのですが普段の食習慣かストレスか?は分かりませんが不完全ながら本日は会社へ出社しております。本日のブログは次期新基準対応マフラーの開発車輌・・・本日 Mercedes BENZ W205 C250 が入庫になりましてこれからマフラーの開発へと進んでいきます!! さて純正はどのようなレイアウトになっているのかなぁ−−と覗いてみると・・・あっ−−−( ̄□ ̄;)!! テールカッターがディフューザーに付いているではないですかぁ−−。最近のトレンドなのか?? これではカッター部分を変えることができない・・・ディフューザーも作れば別のお話ですが・・・今回はマフラーのみの開発となりますのでディフューザー、テールカッターはそのまま使いマフラー本体のみの開発となるかと思います。純正のリアサイレンサーも見た目は小型化されておりセンター部分で消音されているかと・・・途中でクランプで固定されておりますのでリアピースのみ作り加速騒音に対応させる予定です。加速騒音82dB以下にしないといけませんので音量も抑え目になりジェントルなサウンドになるかと・・・現状では仕方がないのですが物足りないと感じているのも事実です(-_-;;; まぁ−−この手のクルマは大ボリュームの音量を求めている客層ではないかと思いますので BENZ らしさを出す設定にしようかと思います。純正カッターを使用しますので見た目に変化はでませんが・・・まずは新基準対応品のラインナップ拡大のために気になる車種を続々開発していきますのでご期待を。開発情報は当ブログかARQRAY Facebookにてご紹介していきますので是非是非注目して見ていて下さい(^_^♪

−ARQRAY MOTOR SPORT オフィシャルサイト!!−

輸出仕様マフラー、エアロ、ブレーキ、サブコンなどのスポーツパーツをご用意しております。

------------
posted by M.Fujitsubo